三井化学、インドで太陽光パネル認証事業を開始

2018.08.08 Wed.

自然エネルギーを選んで買う
インドで義務づけられたBIS認証の試験を実施
三井化学株式会社(以下「三井化学」)は8月7日、インドで太陽光パネルの認証試験所を設置すると発表した。

三井化学は2014年から日本国内で太陽光発電診断事業を推進している。診断事業ではプロジェクトごとに出荷前の太陽光パネルを認証、パネルの品質などをチェック、パネルを含めて発電所の設計・建設・設備の不具合をチェックするなど、様々なフェーズがある。

今回の事業では三井化学の現地子会社がドイツ企業の支援を受けて、太陽光パネル認証試験所を設置する。試験所では日本のJIS認証に相当する、インドのBIS認証試験を実施する。

営業試験は8月から開始、将来的には他の診断も
認証試験所の建設は10月に着工し、2019年3月に完成、2019年8月から営業試験を開始する予定となっている。

インドでは経済成長率が7%近く人口も増加中で、エネルギー需要の拡大が続いている。太陽光発電の導入も急増しており、インド政府は今年7月から粗悪品流入の阻止を狙って、プロジェクトごとにBIS認証の取得を義務づけた。

三井化学は今後認証試験所としての実績を積み上げて、将来的には太陽光パネルや発電所の診断事業の実施へとつなげていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三井化学 リリース
https://www.mitsuichem.com/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_esDhbM5FKs.html

自然エネルギーを選んで買う

|