パレットクラウド、電力サービス「パレット電気」販売開始

2017.12.04 Mon.

自然エネルギーを選んで買う
2018年2月より販売開始
パレットクラウド株式会社は、クラウド型の入居者管理システム「パレット管理」を導入している不動産会社の入居者を中心に、電力サービス「パレット電気」の販売を2018年2月より開始することを発表した。

2018年4月より全国エリアで販売開始
今回販売が開始される電力サービス「パレット電気」は、電力小売事業を手掛ける株式会社イーネットワークシステムズと提携して提供が行われ、2018年2月より関東エリアで、2018年4月からは四国、北陸、沖縄を除く全国エリアにおいて販売が開始される予定だ。

特徴としては、電気料金が最大6%安くなり、「パレット管理」を導入している不動産会社は追加費用無しで入居者に「パレット電気」を提供可能で、不動産会社は手数料収入を獲得することもできる。

入居者は、各社専用の入居者アプリにより電力使用量の確認が可能となり、電気料金が確定したタイミングでPush通知を受け取ることも可能で、利便性向上を図ることができる。

また、「パレット電気」申し込みの手続きや電気料金の回収などはパレットクラウドおよびイーネットワークシステムズが行ってくれるので不動産会社は追加業務の負担無く導入可能だ。

新規入居者についても、引っ越し手続きの無料代行サービス「パレットコンシェルジュ」を利用することで、退去物件にて利用していた電力プランの解約手続きと合わせて、簡単に「パレット電気」に申し込むことが可能となる。

パレットクラウドでは今後、地域ごとに最もいい条件の電力小売事業者をユーザーが選択できる仕組みを提供することも予定している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

パレットクラウド ホームページ
https://palette.cloud/

プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000022924.html

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_d2WfZDICDy.html

自然エネルギーを選んで買う

|