ソニー損保、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を京都の保育園に寄贈

2017.12.05 Tue.

自然エネルギーを選んで買う
太陽光発電設備を京都の保育園に寄贈
ソニー損害保険株式会社は12月4日、環境保全への取組みの一環として、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金の「そらべあスマイルプロジェクト」を通じ、京都府京都市の保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈すると発表した。

同社は、全国の幼稚園や保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を設置するため、2009年3月から、自動車保険の「保険料は走る分だけ」とする商品特性を活かした「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」を運営し、そらべあ基金に寄付を行ってきている。

今回の寄贈は、京都府京都市伏見区深草六反田町4-7の稲荷砂川保育園で、プログラムによる同社からの寄贈数は、これが21基目となる。

環境教育に対する意識が非常に高い点が選定理由
この選定理由は、京都議定書をもとに京都市保育園連盟が定めた「京都こども議定書」を園の玄関に掲げ、在園児、その家族や来園者に環境保護活動の協力を促すなど、環境教育に対する意識が非常に高い点を評価したとしている。

なお今回の寄贈を記念し、「そらべあ発電所寄贈記念式典」を2017年12月19日午前10時から同保育園で開催する予定で、式典の様子は、後日、同社のエコロジーサイト内での活動レポートにて紹介するとしている。

同社は、今後も「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」を継続し、1基でも多くの「そらべあ発電所」を幼稚園・保育園に寄贈することで、子どもたちの環境に対する関心を高めるためのサポートをしていくとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ソニー損害保険株式会社 プレスリリース
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/news/2017/12/

エコロジーサイト活動レポート
https://ecology.sonysonpo.co.jp/report/powerplant/

 

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_d3oEx7hCMS.html

自然エネルギーを選んで買う

|