ソニー、100%再生可能エネルギー利用を目指す国際的なイニシアチブ「RE100」に加盟

2018.09.13 Thu.


国際イニシアチブ「RE100」に加盟
ソニー株式会社は9月11日、事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が加盟する国際イニシアチブ「RE100」に加盟し、2040年までに自社の事業活動で使用する電力を100%再エネにすることを目指すと発表した。

RE100は、The Climate Group(気候変動対策を推進する国際NGO団体)がCDP(温室効果ガスの排出量削減や水資源と森林の保護を先導する国際非営利団体)とのパートナーシップの下で運営していて、現時点では世界の140社が加盟している。

同社は、再エネの導入を加速するための主な取り組みとして、既に事業所の電力を100%再エネ化した欧州に加えて、北米や中国での再エネ導入を拡大する。そして、タイや日本などの製造事業所での太陽光パネル設置を推進する。

また、複数の半導体の製造事業所があり、同社グループで最も電力消費が多い日本にて、「自己託送制度」を活用した事業拠点間での電力融通の仕組みを構築する。

再エネ自家発電設備で作られた電力を事業所へ供給
そして、太陽光パネルなどの再エネ自家発電設備で作られた電力を、電力会社が保有する電力網を介して同社の事業所への供給を検討する。

このほか日本にて、経済的で安定的に充分な量の再エネが供給されるよう、RE100加盟の他企業とともに再エネ市場や政府への働きかけを強化するとしている。

(画像はソニー株式会社HPより)


▼外部リンク

ソニー株式会社 プレスリリース
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201809/

 

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_ewirDBBG4E.html

|