サンテックパワージャパン、新型ハイブリッド蓄電システムを発売

2018.03.07 Wed.

自然エネルギーを選んで買う
2018年4月2日より受注
サンテックパワージャパン株式会社は、住宅用太陽光発電の自家消費時代に向けた、新型ハイブリッド蓄電システムを2018年4月2日より受注することを発表した。

業界トップクラスの変換効率を実現
今回発表された新型ハイブリッド蓄電システムには、ハイブリッドパワーコンディショナ、DC/DCコンバータ、リチウムイオン蓄電池ユニットと、オプションにカラーモニタと送信ユニットが用意されている。

新型ハイブリッド蓄電システムの特徴としては、サンテックパワー現行のハイブリッド蓄電システムを進化させたもので、ハイブリッドパワーコンディショナの太陽光発電電力変換効率が現行品より1.5%向上して96.5%となり、業界トップクラスの変換効率を実現した。

また、自立出力が2.0kVAと高めであるため、停電時などに照明や冷蔵庫と同時に生活家電を使用することができ、カラーモニタも従来品では表示されなかった蓄電状況を表示できるようになった。

サンテックパワーは、今回の新型ハイブリッド蓄電システム発売により、売電していた電気を自分で使う自家消費型のライフスタイルを支援するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

サンテックパワージャパン ホームページ
https://www.suntech-power.co.jp/

プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000030715.html

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_ecBpI6kzWc.html

自然エネルギーを選んで買う

|