エコスタイル、大阪府の「クールスポットモデル拠点推進事業」に協賛

2018.08.05 Sun.


太陽光発電設備を無償設置
株式会社エコスタイルは、大阪府が公募した「クールスポットモデル拠点推進事業」に協賛し、太陽光発電設備を無償設置すると2018年7月27日に発表した。

10kW以内の自家消費型太陽光発電設備を無償設置
大阪府の「クールスポットモデル拠点推進事業」は、屋外空間の暑熱環境を改善するために、民間の敷地内にクールスポットをモデル的に創出する民間事業者などを補助するものだ。

今回、エコスタイルは「クールスポットモデル拠点推進事業」により整備されたクールスポットに設置された、暑熱環境改善設備の稼働または維持に使用される自家消費型太陽光発電設備を無償設置するとしている。

エコスタイルでは自家消費型太陽光発電設備を利用することで、系統電力が近くにない公園や広場などにもミスト発生器などを整備できるようになり、加えて、非常時に太陽光発電設備を利用して避難場所として活用することも可能となるとしている。

設置される自家消費型太陽光発電設備の容量については、概ね10kW以内としており、エコスタイル標準施工内容の無償提供で、追加工事費などが発生する場合については別途費用がかかる場合があるとのことなので注意だ。

エコスタイルは今後も、太陽光発電の利用拡大を進めることで、再生可能エネルギーの普及に貢献するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

エコスタイル プレスリリース
https://www.eco-st.co.jp/archives/17089

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_erCNXWrRME.html

|