「未来の自動車技術から考える未来都市アイデアソン」開催

2018.04.13 Fri.


2018年4月19日開催
未来技術推進協会は、電気自動車やカーシェアリングなどを含む、最新の自動車技術がもたらす未来都市についてアイデアソンを通して考えるイベントを、2018年4月19日に開催することを発表した。

自動運転や電気自動車がもたらす未来都市
今回開催されるイベントは「SDGs×自動車技術」(SDGs:Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」)をテーマに、電気自動車など最新自動車技術がもたらす未来都市についてアイデアソンを通して考える。

ゲスト講師には、自動運転の専門家である芝浦工業大学の伊東 敏夫教授が招かれ、前半に自動運転などの最新の自動車技術を題材に講演をしてもらう。

後半は、自動運転、電気自動車、カーシェアリングなどの最新技術がもたらす未来都市についてアイデアソンを通して考える予定で、さまざまな参加者とのグループワークを通してアイデアを出し合い、多くの刺激を受けることが可能だ。

参加費は当日現金払いで一般1,000円、未来技術推進協会の会員は無料で、開催日時は2018年4月19日19:00~21:30、開催場所は東京都渋谷区渋谷2-22-6 10F「POINT EDGE SHIBUYA BASE」だ。

(画像は未来技術推進協会ホームページより)


▼外部リンク

未来技術推進協会
https://future-tech-association.org/

プレスリリース(Dream News)
http://www.dreamnews.jp/press/0000171671/

ニュース提供元:http://www.eco-front.com/news_ehjTsdfi26.html

|