日本初!電力切替も出来るエネルギーのポータルサイト

2016.04.05 Tue.

エコラッピングに使えるおうちの不用品10選 〜大切なあの人に思いを伝えよう♪

自然エネルギーを選んで買う

バレンタインにホワイトデー、誕生日にクリスマス――みなさんは大切な人へのプレゼントの包装にこだわったことはありますか?最近はお中元やお歳暮などでも簡易包装を行っている百貨店・ブランドがあったり、スーパーではトレイを使わないように生鮮食品を包装したり、世の中は過剰包装をしない傾向にあるようです。でも、特別な日のプレゼントは可愛く包装されたプレゼントを渡したいですよね。市販のものでなく、おうちにあるものをうまく活用して自分だけのオリジナルのラッピングができたら素敵じゃないですか?今回は捨てられるはずだった不用品を使ったラッピングアイディアについてまとめてみました。

\ ラッピングに使える不用品たちはこちら! /

・ 公共料金の請求書やダイレクトメールなどの窓付き封筒
・ 端切れ布
・ ペットボトルのふた
・ テープやトイレットペーパーなどの芯
・ 紙袋
・ お菓子の包装紙や箱
・ 豆腐の容器(イチゴの容器などでも代用可)
・ ティッシュの空き箱
・ アイスのカップ
・ ダンボール

以上の10個の不用品をリメイクしてラッピングに使いまわしていくことにします。
その他には接着剤やマスキングテープ、リボンや折り紙など自宅にあるものを使いました。今回記事を書くにあたって買い足したものはありませんので、よく見ると同じアイテムがたくさん出てくるかと思います。こうした他の装飾品がなくても作ることができますが、あった方が完成度があがりますし100円ショップで手に入るものばかりなので良かったら近くのお店をチェックしてみて下さい。また、リボンや包装紙などは人からもらったものをとっておくとこういう時に便利ですよ!


窓付き封筒×折り紙=オリジナル窓付き封筒

1-1 1-2
窓部分を切り抜いて好きな紙で作った封筒につけるだけですが、窓付き封筒にするだけでぐっとおしゃれになります!
中に何を入れようかわくわくしちゃいますね。


ティッシュの空き箱×折り紙=メッセージカード

2-1 2-2
包装済みのプレゼントに一言添えてあげましょう!
手書きではなく、消しゴムはんこや市販のアルファベットスタンプなどを使うともっとおしゃれになるかも♪


ペットボトルのふた×お菓子の包み紙×ダンボール=立体リボンシール

3-1 3-2
ペットボトルの裏面にはダンボールでフタをしてあるのでそこに両面テープをつければどこにでもデコれます。
あえてシンプルなふたにシールなどでデコレーションしていますが柄がついてるものをそのまま使うのも面白いですよ!


紙袋×折り紙=ギフトバッグ

4-1 4-2
柄のついた折り紙が透けるように白い折り紙を重ね貼りして、パンチで穴を開けてレース風にしました。
折り紙を貼る位置によってかなり印象が変わるので楽しんで作ることができますよ!


お菓子の箱×紙袋=ギフトボックス

5-1 5-2
可愛い柄の紙袋をお菓子の箱に貼り付けてリボンで飾りつけただけの簡単ラッピングですが、紙袋のおかげでおしゃれに見えませんか!?


アイスカップ×ビニール袋=ギフトケース

6-1 6-2
アイスは期間限定MOWのカップです。手作りお菓子の容器にもできそうですよね!
ビニール袋は食品が入っていた透明な袋を引っ張り出してきました。
プレゼントのチロルチョコ入れて、じゃばら状に切った折り紙で包装しました。


芯×ダンボール=ギフトケース

7-1 7-2
アイスカップと同じですがこちらは円柱なので二つ重ねればフタ付きにすることもできます。
このまま小物入れにして使ってもらえそう!


端切れ×両面テープ=布テープ

8-1 8-2
余った布のどうしても使えない細かい部分は、両面テープに合わせて切り取ってとっておけばシールがわりになりとっても可愛いですよ。
今回はちょうどいらない洋服があったので思い切って切り刻みました!!
ポスカでメッセージを書き、ポップにしてみました☆(こういうのはセンスがないと難しいですね~笑)


豆腐の容器×ペーパーナプキン

9-1 9-2
容器にペーパーナプキンをかぶせ、輪ゴムでとめただけ!
茶色の輪ゴムではなく、カラーゴムや毛糸や麻紐がおすすめです!


いかがでしたか?大事な誰かにあげるプレゼントに不用品を使うなんて…と思われる方もいるでしょうが、
おうちにあるいらないもので簡単に可愛くラッピングができたらお話も盛り上がること間違いなし☆
特に手作りお菓子などラッピングを自分で用意しないといけない時には、家にあるもので一工夫できたら楽しいですよね。 ぜひ今度のプレゼントラッピングの参考にしてみてください!
お子さんと一緒にエコラッピングも楽しいかも!?


<参考>
「お菓子のパッケージで作ろう!エコなグッズ エコラッピング」(2011)著:平田美咲/汐文社
「身近な素材で、あたらしい包み方 エコラッピング」(2009)著:正林恵理子/大和書房


<ライター紹介>
殊野真緒(ことの・まお)
ジョシエネLABO立ち上げメンバー。元エネドル省エネ担当。家庭の省エネエキスパート・診断級の資格を持つ一児のママ。現在は今までの経験を活かしたライター活動やエコライフに役立つ様々な資格取得への挑戦で、自立した子育て主婦を目指している。

お問合せはこちら
×